25歳の店長が仕事をやめてみる

25歳、小売業店長のオタクが仕事をやめて挑戦したり知識を共有するブログ

ブログに「飽きた!」後に続けるための3つのポイント。一歩踏み出すと結果に繋がるのだと思う

飽きた後に続けると良いことあるよ!

f:id:ubkt:20181026234623p:plain

「ブログ飽きたな〜やっても全然PV増えないしただの自己満やん。まぁただこの本は面白いからちゃんと書評書くか〜」

書いた結果→

100PV超え2日連続&読者10人達成!

本当に嬉しいです!昨日の記事にはスターもいっぱい付けてくださってありがとうございます!

 

ubkt-yaruzo.hatenablog.com

 

そう、辞めなかったことで良い結果に繋がりました!

いやー嬉しいもんですね人に見てもらえるって。やっとブログの楽しさを味わえた気がします。

これを味合わないで辞めてたら損してただろうなぁと思うので続けて良かったです。

ブログ更新に飽きた時、続けるための3つのポイント

上にも書いたように「飽きたなーやらなくていいかー」と思ってたのですが、辞めなかったのは3つのポイントがあるからでした。

 無理に書こうとしない

とりあえず自分に課したからやらなければいけない。と考えてしまうと途端にやる気がなくなってしまいます。楽しむために始めたものなのに全く楽しくない。自由にやればいいのに自分自身を強制していたのです。

仕事でもなんでも強制されてやることってくっそつまらんですよね!

それに気づいて、「別に無理に書かなくていいや」と考えるようになりました。

面白い体験(インプット)をする

「無理に書かなくていいや」と考えることはいい事だと思いますが、そのまま何もしなかったら本当に書かないままになってしまいます。

「ブログを書きたい!発信したい!」時って「面白い経験や自分の意見を伝えたい!」と思った時ではないでしょうか。

面白い体験や自分が何かを得たときって勝手にブログを書き始めたくなるんですよね。

なので気になってた事をやってみたり、本を読んだりするのがいいのだと思いました。

今回は村上アシシさんの本を読んでこれは感想を書きたいなぁと思って書いたのがPV増に繋がりました。

 

ubkt-yaruzo.hatenablog.com

 

なんの為にブログを始めたのか原点に戻ろう!

飽きた自分は何がしたくてブログを始めたのかわからなくなってました。

私は「自分のライティングスキル向上と意見を発信するため」でした。いつからかこの目的を見失い、ブログを書くという手段が目的になって入れ替わっていました。

目的と手段が入れ替わるとなんの為にやり始めたのかを見失ってしまいます。

そうなってしまうと自分の力にもなりませんし、続ける理由がなくなります。

ブログだけに限りませんが自分がどういった目的の為にその手段を選んだのか、飽きた時は原点に振り返って考えることが大事です。

まとめ 一言でいうなら

3つのポイントを一つにまとめると

「原点に振り返り自分のペースで書きたいことを書こう!」です!

まぁ基本中の基本ですがこれを見失うと続かないんじゃないかなと思います。

今後もブログを続ける中でうまくいかないことがあるかと思いますが、このポイントを思い出して継続していきます。

目指せ1日300PV!